2009.9.20-22

2647.2m
2632.4m
地図でちょっと気になる山みっけ、ぢゃいざ出発〜
土曜日PM4:30今回もETC1000円コース、

駐車場は20台ほど駐車可能
目指すは豊科ICから白沢登山口までPM9時には到着意外や意外20台ほどの車が駐車出来るところに8割ほど駐車してありました。
夕食を車の中で済ませておやすみぃ〜〜zzzz・・・
朝は5時になると他車の中からガチャガチャ音が聞こえてきます、私達もお湯を沸かしてコーヒーを入れてパンを食べます、隣のおぢちゃんが挨拶をしながら出発しました、そしてこのおぢちゃんたちとづっと抜きつ抜かれつでした。




登山口入り口には簡易トイレあり ここから左に、標高差1600mへスタート
少し薄暗い樹林帯を歩く歩く、そして渡渉ありガレあり

林道入り口には簡易トイレが設置してありました、10分ほど林道を歩くと二俣に分かれた所を左に入りますだらだら登山道を沢の音を聞きながら歩きます、やがて紅葉の滝がみえてきます、きっと紅葉の時期は眺めはいいかもしれません、水も奇麗でナメあり沢沿いを進んでいくと魚留めの滝ここで沢ともお別れです最後の水場でペットボトルに水を汲みました、先行していた隣の車のおぢちゃん達に追いつき暫しの雑談、さてここからが本格的な登山道、樹林帯ありガレありなかなか変化に富んだ登山道です、落石にも注意しなければなりません、木々の間からは針ノ木岳や蓮華岳が見えます、大凪山が中間点です2000mを越えるといよいよ紅葉もあり黄色や赤、中にはナナカマドが赤い実を付けていました、お昼になりましたが山頂はまだ先です、お腹も空いたので腹ごしらいにパンを焼いてのんきに食べていました、とおり過ぎる登山者がおいしそう〜と・・一言
重いザックを再び背負い歩き出します小屋近くになると登山道も緩やかになり木々の間から声が聞こえますがなかなか小屋が見えません、開かれたところに出たときは目の前が小屋で高台にベンチがあり大勢の人たちがおしゃべりを楽しんでいました。

標高2000m付近 ここを抜けると餓鬼岳小屋があります

小屋の番人さんがテントを張ってから受付をしていいですよっと親切に言ってくれました。辺りを見ると遠くに槍の頭と鳥帽子岳やら針ノ木岳、反対側には浅間山から八ヶ岳、富士山と見えていました。テント場は10張程の狭い場所ですが風の通りもなく、なかなかよい場所ですがちょっと斜めっていました。夕方になるとテント場は満杯になっていました、小屋も混んでいたようです、夕食は小屋の上のベンチで食べることにカメラをもって行きました。沢山の登山者とおしゃべりをしましたが皆さんお酒が回っていい気分状態でした、背中が太陽に当たりぽかぽかです

夕食は牛肉の焼肉タマネギ・ピーマンなどといっしょに炒めてご飯とともにたべました
京都からのMさんも一緒に食べたのでした。そのあとの夕焼けが裏銀座を七色に変えていきました。


裏銀座方面に夕方はファンタステイック♪




翌日唐沢岳へと続く