2009.9.20-22
2632.4m
朝5時浅間山方面からでてきましたぁ〜


後ろが餓鬼岳山頂 餓鬼岳小屋

翌朝は唐沢岳へ向かいます、ここはアップダウンの行程です、時間はたっぷりあるのでゆっくり起きて朝食もしっかり作りました、ご飯を炊き、納豆、味噌汁、日本の朝食です。
アタックザックで出発、重さはデジイチとレンズとペットボトル、それに雨具かる〜〜い
小屋の前に来ますがそれぞれに皆さんは出発しており閑散としていました、5分ほど登ると餓鬼岳頂上もう着いた。。。
ここからは遠く針ノ木岳の後方に劒岳が見えます、槍もよく見えます、これからが楽しみにしていた唐沢岳です、話によると岩もあるとか・・

小槍が手を合わせているよぉ
鳥帽子岳
野口五郎岳かな?
立山かな
鹿島槍ヶ岳
針ノ木岳
劒岳
穂高連峰
ぞうさんみたい
あっちみてもこっちみても、good♪
紅葉は一週間後が最高だと思う、たぶん・・


山頂から360°ぐるりんぱっ!

稜線を歩くと左に槍を見ながら歩きます、樹林帯の中を登っては下り見晴台ではますます針ノ木岳が迫ってきます、山の感じは花崗岩で岩が点在していてなんだか燕岳を思わせます、紅葉もあり岩とのバランスがとっても奇麗、時々足元はしろ砂があり雪の上を歩いている感じでした、山頂は岩の間を回りこむようにしてたどり着きます、山頂には6人ほどの登山者がいてゆったりしていました。
私達も山頂からの眺めを楽しんで・・♪
本当に北アルプスのど真ん中って感じです、穂高も槍も笠も見慣れた山々が360度あります
下山するのが惜しいですが下ります。紅葉を楽しみながら岩から岩へと続く登山道を登ったり降りたり時間は登りも下りもほぼ同じ時間になりました。テントに着くとほとんどの人たちが撤収していて3張程になっていました。
そして翌朝も晴天
ぴょこっと顔をだしました。
山は急速に秋から冬へ
まだ9月だというのに紅葉みれちゃう、山に登れるお陰だね
鮮やかな紫色のリンドウ
ここのガレ場がキンチョウ
沢沿いも歩くしね〜
もうすぐ駐車場だよぉ〜ふぅ〜


私達もそろそろ下山しましようかね、テント撤収後早々に長い登山道を下りました、それにしてもこの登山道は気を抜けません、ガレ場は落石を引き起こしたりするので静かにっ、そして沢沿いは滑って転びそうだし、なので飽きることの無い登山道でした。膝がヒィヒィ言ってました。
そして下山はしたものの、きっとシルバーウィークとやらの連休だし高速はきっと渋滞だから安曇野で遊んでいくことにしました、めったにそんなことありません、いつも一目散に温泉に入ると帰ってしまうし・・
まづは腹越しらい美味しそうな蕎麦やさん探し、おしゃれなパン屋さんで聞いてみました、『上条』が評判がいいと教えられて行ってみると、あふれんばかりのお客さん、今回は時間があるので待ってました。ここは大正解でした。
http://www.kamijo.com/
おいちかった。

そしてずっと以前二人で訪れたことのある『大王わさび農場』に行ってみました、わさびソフトクリームとコロッケ食べたのでした。満足、それにしても30年の月日は違う場所みたいに見えました。



今回の餓鬼岳の戻る
食べたものを見てみる